実録酩酊生活

【見かけたら必ず買う】喉ごしと食感がたまらない!とうふこんにゃく!

2019年06月30日

ずっともう記事にしてたと思ってたのですが…

その昔、レバ刺しという食べ物がありまして

(そこまで昔じゃないか)、それがなによりも大好きだった我々は暇を見つけてはレバ刺しでビールをやっつける旅をしていました。

しかし、一部の企業の利益重視の行ないによりレバ刺しは絶滅。

我々は嘆き悲しみ、レバ刺しの後を追うことも考えていました。

 

そんな我々にストップをかけた商品がありました。

 

【送料無料】【5袋でお買い得】ごま油で食べる元祖マンナンレバー【1袋あたり70g(マンナンレバー60g、ごま油10g)×5袋セット

価格:1,680円
(2019/6/30 15:57時点)
感想(0件)

かなり食感は似ていたし、レバ刺しの攻撃力の源はゴマ油と塩であるという自覚もあったのです。

しかし根本的な何かがこれには足りず、今まではクリティカルヒットを連発してお酒をやっつけていましたが、これだけではやっつけることができなくなっていました。

 

肉料理屋に行くたびに、店主のレバ刺しへの愛となくなったことに対する嘆きと悲しみを私は忘れない…

 

そんな我々がある日出会ったのがこちらの商品でした。

こんにゃく茂兵衛 とうふこんにゃく!

 

色はとうふの色だし、パッケージも豆腐に近い。

最初はたんじゅんにとうふっぽいこんにゃくとして食べてみた。

 

中にはとうふこんにゃくとタレが入ってます。

軽く洗ってから切るのですが、こちらの切り方でかなり変わる。

こんにゃくばりに弾力があるのだが、これをかなり薄く切ってやる。

薄ければ薄いほど個人的にはうまい。

 

姿も形も違うのだが、これがほんとにレバ刺しに近い。

大豆使ってるからたんぱくな感じとにおいがじゃっかん近いからだろうか。マンナンレバーに足りなかったものをかなり補っている。

逆にマンナンレバーはこんにゃく感が強かったかな?

 

 

中に入ってるタレで食べるんだけど、ゴマ油と塩で食べたい。だいたい見かけるときは家にちょうどゴマ油ないことが多いのが悔やまれる。

 

というのもこちら。どうやら通販してないっぽい。

滋賀の各サービスエリアとか道の駅でしか売ってないみたい。

いくら京都からと言えどなかなか行けないぞ…

 

わさびをつけてもめちゃくちゃうまい。

 

これの何がすごいってちょっと肉っぽいからかご飯にも合う。

もう食べ終わるころにはお腹ぱんぱんですね。

たぶん同じ名前の商品でも全然違う食感と味だと思いますので滋賀行く際はぜひ買って食べてみてください。

 

お店のホームページはこちら

売ってる場所はここに書いてありました。

 

この記事を共有する