実録酩酊生活

本格米焼酎亀の尾

2019年11月05日

晩酌マッチランク なし

うちの母が北日本旅行に行ってきたので、その時のお土産いただきました。

 

本格米焼酎 亀の尾

 

岩手土産!酒飲みの息子の事を良くわかってる!米焼酎は居酒屋とかでは飲んだことあるけど、こうやって自宅でじっくり飲むのは初めてかも。

 

色は当たり前ですけど無色。綺麗で美味しそう。

 

 

実際のお味は…

ストレートで飲んでますが…すげぇスッキリしてる!芋焼酎派なので良い意味での臭みは全くありませんが飲んだ後の鼻に抜ける爽やかな薫りがすごい。

 

ストレートでもぐいぐい行けちゃう感じ。米焼酎ってあまり飲んだことないのでこの「亀の尾」が美味しい米焼酎かは計り知れませんが、酒好きの僕の野生の感は「ええ酒」です。

 

 

飲みすぎちゃってあっと言う間に瓶を空にしそうなんで自重します…

メーカー名 岩手銘醸㈱玉の春工場
品名 亀の尾
破壊力(飲みごたえ) スピード(キレ味) 射程距離(香り)
B A D
持続力(コスパ) 精密機動性(悪酔い度) 成長性(度数)
D B B
※A~Eの判定(Sは最上級)
破壊力…飲みごたえのあるものほどAに近く、まろやかなものほどEに近い
スピード…キレ味(辛口も含む)があるものほどAに近く、甘みが強いものほどEに近い
射程距離…香りの強いものほどAに近く、弱いものほどEに近い
持続力…価格低いまたはコスパが良いものほどAに近く、価格が高くコスパが悪いものほどEに近い
精密機動性…悪酔いしにくいものほどAに近く、悪酔いしやすいものほどEに近い
成長性…度数が高いものほどAに近く、低いものほどEに近い(酔っ払いへの成長性)

能力(感想)

岩手の米焼酎。北日本は米どころなんで日本酒なイメージだが、中々美味な焼酎も作っていて要チェック。味わいは焼酎独特な臭みはなく、鼻に抜ける爽やかな薫りが印象的。品名の亀の尾の由良は分からないが恐らくめでたいものなんだろう…※後から調べたらイネの種類らしいです…

この記事を共有する