実録酩酊生活

芋炊き(南予風)

2018年09月01日

愛媛の南部の出身なんですが、秋になると芋炊きを肴に酒を飲むという素晴らしい風習があります。

 

基本野外で(特に河川敷)でやるのですが、中々風情があるので興味のある方は是非試してみてください!

 

○材料

里芋…350g
ゴボウ…100g
人参…100g
板こんにゃく…1枚
鶏モモ肉…1枚
椎茸…3個
油あげ…1枚
だんご粉…100g
水…800cc
出汁…適量
砂糖…大さじ1
醤油…70cc
料理酒…70cc
みりん…少々


①ゴボウはささがきにして水に浸けておきます。

 

 

②鶏肉と人参と椎茸と油あげは乱切りで。

 

③団子粉に水を少しずつ加え、適度な大きさの柔らかさになるまで混ぜて団子を作ります。

 

 

④鍋にお湯を沸かします。沸騰したら丸めた団子・ちぎったこんにゃくを湯がきます(3分ほど)

 

⑤④の煮汁で油揚にかけて余分な油を流す。

 

⑥別の鍋に火をかけ水を入れ沸騰したら具材を固い順から入れる。(団子のみ入れない)

 

⑦具材が良い具合に柔らかくなったら出汁(お好きなもの)入れ砂糖・醤油・料理酒・みりんを入れて味を整える。

 

⑧最後に団子を入れてひと煮たしさせたら完成。

 

 


月夜と共に是非ご賞味ください!

 


 

だれでも簡単!里芋が超美味しく炊けますよ!超人気の【いも炊きのたれ】【2P13oct13_b】【RCP】

価格:302円
(2017/10/2 07:43時点)

 

この記事を共有する